不動産の豆知識

不動産会社に支払う仲介手数料について

アパートなどの賃貸物件を借りるときや一戸建て住宅などの売買物件を購入するときは、不動産会社を通して仲介してもらうことが一般的です。

賃貸の場合は物件を借りたい人が希望する条件を伝え、それに合った物件を探して紹介してくれます。借りることが決まったら契約を成立させるために物件のオーナーとの間で賃貸借契約を締結します。不動産会社の方で契約書を準備したり付随する手続きも行いますから、これらの報酬として仲介手数料を支払うことになるのです。賃貸物件の仲介手数料は家賃の一ヶ月分が相場になっているので、家賃が十万円の物件であれば仲介手数料も十万円となり消費税が加算されます。売買物件は買い手と売り手の間を取り持つことになり、同じように契約書の作成や交渉などを行います。売買の契約が成立したときは、物件の価格によって報酬額が変わってきますが、宅地建物取引業法で定められている金額を上回ることはできません。また仲介手数料は契約が成立した場合にのみ発生します。

不動産購入時には仲介手数料は必要?

土地や住宅を購入する時には大体の方は不動産業者を使っていると思います。売買経験のある方なら不動産業者に仲介手数料を支払った事もあると思います。この仲介手数料とは支払う必要があるのでしょうか?

最近では手数料を半額若しくは0円と言う所もあります。この手数料に関しては法律上支払はなければならないわけではなく、あくまでも不動産業者からの請求がある場合には法的根拠が定められているだけです。つまり、仲介手数料は請求された場合のみ法律では上限額の設定がされているのみで、請求された場合は強制力がありますがあくまでも業者側の都合と言う事になります。よって半額や0円と言うケースも存在する事になります。この場合の注意点は、消費税を除いた額、原価(土地代・住宅代)×法定利率+6万円が上限となります。この上限以上の請求があった場合は上限の金額のみ支払う必要性があり越えている分は法律上の根拠がありませんので支払う必要性はありません。
土地や住宅を購入する時には手数料の有無だけでなく計算も確認しておいた方が良いでしょう。

Valuable information

Last update:2016/8/19